これだけはおさえておきたい!医療情報

自律神経の乱れを防ぐことで健康を維持しよう

皆さんの中で、最近何だかイライラして体調が優れないという方はいますか。
その原因は、自律神経にあるかもしれません。
なぜならば、自律神経のバランスが崩れると、肌荒れ、冷え性、頭痛、肩こり、便秘、イライラ、疲れ、不眠など、様々な不調の原因になるからです。
そもそも自律神経とは、自分で意識をしなくても、勝手に働いてくれる神経のことです。
胃や腸を動かす、血液を流す、というのは意識してもできない行動です。
この意識してもできないことのすべてを、自律神経がつかさどっています。
自律神経は、アクセル役の「交感神経」とブレーキ役の「副交感神経」の2つの種類があります。
この2つの神経のバランスで、健康は保たれているのです。
自律神経が乱れている状態とは、一般的にどちらかの神経が優位に立っている状態を指します。
最近では仕事などのストレスで、このバランスがくずれている人はとても多いです。
ここでは、自律神経のバランスを整える方法をお教えします。
まず、水をこまめに飲むことが大切です。
これは、体の内側から神経を刺激する方法といえます。
空っぽの胃に冷たい水が流れ込むと、途端に内臓が動きだして胃腸のぜん動運動を促され、腸が活発に動くようになります。
腸が動けば、副交感神経が刺激されることになるというわけです。
これには、朝の排便を促す効果もあります。
その他の方法は、ゆっくり長めの半身浴をするといいです。
1日が終わるゆったりしたい夜には、38℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かって、副交感神経を優位にしてください。
最後の方法は、吐くことを意識した呼吸をゆっくり行ってください。
同じ呼吸でも、吐く時間が長ければ長いほど、より効果的に副交感神経優位に切り替わることができるからです。
ゆっくりと息を吐くと副交感神経が優位になり、末梢の血流が増加し血流をよくしてくれる効果があります。
そうすると、筋肉が弛緩して、体がリラックスすることができます。
参考にしてください。